新規求人案内は介護業界がメインへ - eラーニングで介護資格取得で未経験から就職へ

新規求人案内は介護業界がメインへ

新聞の折込広告は、介護業界関連が多数を占めるようになりました。

ヘルパーの資格を持っている事が前提とされていますが、人材不足で未経験でも可という事業所も多くなっています。新規開設するのが多くなっていますので、応募するならそうしたところが比較的有利と言えるでしょう。

逆に、同じ介護施設でも、ずっと求人広告に掲載されている事業所は、疑ってかかりましょう。そうしたところは、人材が根付かない、何か特殊な理由が潜んでいるのかもしれません。イジメや待遇の悪さ、求人広告との違い、などなど、折込広告は廃棄せずに保存しておき、何度も出てくる事業所はブラックを疑っていいのかもしれません。

また、折込広告には、ある程度、注意を持って見る必要があります。

事務職を募集、年齢不問、と書いてあっても、実際は20代の若い未婚女性というのが結構あります。掲載されているイメージ画像が若い女性だったら、なおさら、それは間違いありません。

電話で問い合わせてみて、あまり対応の良くない事業所はやめといたほうが無難かもしれませんよ。

とにもかくにも、今、求人市場で熱いのは介護業界であるのは間違いありません。未経験からでもステップアップできるチャンスが潜んでいるのも、またこの業界です。
【介護業界の現実の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。