介護資格の難易度 - eラーニングで介護資格取得で未経験から就職へ

介護資格の難易度

すでに聞いたことがある人も多いと思いますが、介護関連の資格が大きく見直され、その中でもホームヘルパー2級の制度が2012年度をもって廃止される、というニュースがありました。


それをねらって、資格業界では制度改正の今のうちに資格を取得しておきましょう!と大々的にCMなどでもPRしています。

これまでは、国が定めたホームヘルパー要請研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了すれば取得可能だったのですが、制度改正によって、理解度を確認する筆記試験が実施されるようです。

名称も、「介護職員初任者研修課程」(仮称、初任者研修)となり、2級がこちらの研修過程になります。

難易度は試験が実施されるので、少しはあがるのではないかと予想されます。

介護関連の資格に限らず、資格全般に言えることですが、講習を受けさえすれば自動的に資格が取得できるものは、つまりは誰でも取れる資格であって難易度は低いです。

転職活動をするにあたって、私のように履歴書に何も書く資格がない場合は、とにかく履歴書の資格欄の空欄は避けたいので、eラーニングや通信講座でも取得ができる資格をおすすめします。

なかなか独学で資格を取得するには、勉強のスケージューリングが難しいです。

介護・医療・癒しの資格を資料請求するならシカトルなら、介護事務はもちろん、医療事務やヘルパーの講座が充実しており、体系的に学ぶことができます。

介護事務の資格をとるならシカトル


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー